2015
09.12

不動産担保ローンという商品名からも想像できるように、利用するには担保が必要です。

不動産にもいろいろな種類がありますが、希望する融資額に見合った価値がないと、希望金額の融資は受けられないでしょう。

また原則として、申込者本人が所有している不動産という条件がありますが、会社によっては一部例外もあります。

例えば自分の親が所有する土地や建物がある時、親が不動産担保ローンの担保として使う事を承諾していれば、本人名義ではなくても担保として認めてくれる事があります。

ただしきちんと承諾している事を証明しなければいけませんし、例えば自宅や自分の土地を担保にするような場合は、返済できない場合は不動産を売却して返済に充てるので、リスクは高くなります。

親以外にも会社の共同経営者の承諾があれば、会社を担保にする事はできますが、この場合も万一返済不能となった場合のリスクは十分に考えてから決めるべきです。

また、不動産担保ローンについて詳しいサイト(http://www.fitnesswatchreview.com/)によると、共同名義の不動産による融資も可能だそうです。

ただし不動産を担保として使う承諾があっても、全ての会社が親や共同経営者名義の物を認めているわけでもありません。

中には本人所有の不動産のみという条件もあるので、軽く考えてはいけません。

他の例としては、本人名義の不動産があっても、それが遠方の場合は流通性によって担保とならないケースもあります。

不動産を所有していればなんでもOKというわけにはいきませんので、申し込み条件は事前に確認し、不明な点は直接問合わせて相談してみましょう。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.