2015
07.13

不動産担保ローンは担保がある分借入可能な金額も多めになっています。

利用目的もある程度は自由なので、カードローンではNGとされている事業用資金にも使う事ができます。

ローンの場合は借りる金額がいくらであっても、必ず利息が付きます。

返済する時には利息分も含めて返済していくので、返済計画をきちんと立てておく事が大切です。

万一返済ができなくなった場合は、担保として預けている不動産を売却し返済に充てる事になるので、返済は出来ても不動産を失う事になります。

返済計画を立てる場合は、利用する会社の利息が何パーセントかによっても、最終的な返済総額は変わってきます。

当然ですが同じ金額を借り入れる場合も、利息が安いほど返済総額も安くなります。

不動産担保ローンは借り入れる金額が大きくなるため、利息のわずかなパーセンテージの違いも大きく影響すると覚えておきましょう。

返済計画を建てるとき、ローン会社のホームページなどにある返済シミュレーションを使ってみましょう。

返済プランによっては月々の返済金額も変わってきます。

利息に合わせて計算しますが、計算式が複雑なので意外と面倒に感じてしまいます。

その点返済シミュレーターなら、数字を入力して計算ボタンをクリックするだけで簡単に金額を割り出す事ができます。

入力する数字が変われば結果も変わりますが、利息のパーセンテージや返済回数、返済金額などを入力するだけですし、誰でも無料で利用できます。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.