2015
09.12

不動産担保ローンは担保があるので、借入可能な金額も多めです。

もちろん借入可能な金額は、人により不動産価値が違うので、いくらまで借りられるかは査定や審査を受けないとわかりません。

いずれにしろカードローンよりは多く借りられますので、この場合金利も大きく影響してきます。

金利に関してはローン会社によって違いますが、以前のように法外な利息を請求する悪徳業者はかなり減っているので、信頼と実績のあるローン会社を選べば問題ないでしょう。

法律で認められた金利であっても、金利の設定はローン会社により違いますので、数字では少しの違いに思えても、借りる金額が大きくなるほど最終的な返済総額も変わってきます。

金利は安いほど返済総額も安く済みますが、低金利で魅力な銀行系の不動産担保ローンは、審査も厳しく、慎重に信用力を見極めるので結果が出るまでに時間がかかる傾向があります。

その一方で金利は少し高めの設定になっても、ノンバンク系の不動産担保ローンなら、審査基準も異なりますし、スピード融資も可能なので早く借りたい人にはメリットも増えます。

たった0.1パーセントの違いでも金額が大きくなるほど金利も変わってきます。

また借入可能な金額が多い人は利息が安くなる傾向がありますが、全額借りた場合には利息も増える事になるので、月々の返済金額にも影響してきます。

長期返済になりますが、返済回数が少ないほど金利は安くなります。

自分にあった返済プランを見つけてください。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.